ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

歯ぎしり

歯ぎしり

睡眠中の歯ぎしりは無意識に行なわれるため、普段意識して奥歯をかみ合わせた時の約2倍(体重の約2倍)の力が加わります。

しかも、この動きが毎日繰り返されるため、歯やあごに対するダメージが蓄積されていき、そのため、ひどい場合は歯や歯周組織の損傷ばかりか、全身にも悪影響を与えます。

たとえば、歯ぎしりが強い人は、下の歯の内側の骨が盛り上がっていまが、それは、歯に大きな負担がかかっているため、その力に抵抗するかのように丸いボコボコとした骨が舌の脇にでき、膨らんできてしまうのです。

朝起きた時にあごがこわばっていたり、肩こりやこめかみの頭痛、疲労を感じる人は、激しいはぎしりをしている可能性が高いので要注意です。

歯ぎしりには、次の3つの種類があります。

①クレチング

一般的な歯ぎしりで、下の顎が左右にすばやく動いた状態を繰り返すため、「ギリギリ」という音が出ます。

この時の動きは、意識がある時には再現できない程大きい場合もあります。

②食いしばり・かみしめ

上下の歯に力を入れて強くかみしめた状態で、ほとんど音はしません。

③タッピング

顎が上下にすばやく動く状態を繰り返すため、「カンカン」「カチカチ」という音がし、軽く当てる人から力強く咬む人までいろいろです。

歯ぎしりはストレスを発散の1つといわれていますが、完全に治す方法はありませんので、歯ぎしりを緩和予防するグッズを利用するとよいでしょう。

■スポンサードリンク