ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

いびき

いびき

いびきは、寝ているときに舌や喉の奥の筋肉がゆるみ、気道が狭くなるために口の中の軟部組織が振動しておこる音です。

加齢につれていびきは多くなり、60代では男性の60%、女性の45%が一晩に1回はいびきをかくといわれています。

いびきは、アルコールを飲みすぎた時や体が疲労している時、扁桃腺炎、鼻炎などの病気がある場合にかきやすくなります。

いびき対策としては、横向きに寝て、舌などが重力で下向きに落ち込むことで気道が狭くなるのを防いだり、枕を高めにして気道を確保すると効果的で、また、いびき防止グッズを利用するのもよいです。

いびきは肥満気味の人に多くなりますので、ダイエットを心がけたり、アルコールの摂りすぎにも気をつけましょう。

軽いいびきであれば特に心配はいりませんが、あまりに大きないびきをかく場合は、睡眠中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸が10秒以上続き、それが1晩に30回以上起きる睡眠障害です。

大きないびきの後、突然いびきが止まって無呼吸となり、その後「ヒュー」という音を立てたり、「ググッ、ガガッ」という大きないびきをかくような場合は、この病気の可能性があります。

この病気は、高血圧や動脈硬化などを引き起しやすく、脳梗塞や心不全など命にかかわる危険性もあるので、要注意です。

■スポンサードリンク