ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

夜尿症

夜尿症

睡眠中に無意識に排尿してしまう行為が、就学後にも継続的にみられる場合を「夜尿症」と呼び、未就学の場合の「寝小便」「おねしょ」と区別しています。

夜尿症は、5、6歳児で約15%、小学校低学年で約10%、小学校高学年で約5%みられるように、加齢とともに自然に治癒していきます。

また、男女別にみると、子供では男性の方が多く、成人では女性の方に多いようで、遺伝との関係も指摘されています。

主な原因は、「夜間尿量が多い」「夜間の膀胱容量が小さい」ことです。

通常、夜につくられる尿量は抗利尿ホルモンによってコントロールされ、昼間の尿量よりも少なくなっていて、この抗利尿ホルモンの分泌は成長とともに整っていくのですが、それがなかなかうまくいかない場合、夜間の尿量が多くなってしまいます。

また、膀胱機能が未発達な場合、夜間に十分尿をためられないので、それが原因で排尿してしまいます。

さらに、半年から1年以上みられなかった夜尿が突然始まる場合は、ストレスが原因と考えられます。

強いストレスによって自律神経の働きが不調となり、これが夜尿の原因につながるようです。

対処法は、クーラーなどで体を冷やさないこと、そして生活指導面では、親が「起こさず・あせらず・怒らず」の心構えを持つことが大切で、ほとんどの夜尿症は年齢とともに改善されていくので、焦らずに見守りましょう。

■スポンサードリンク