ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

周期性四肢運動障害

眠りと痙攣

睡眠中に手や足の筋肉が瞬間的にけいれんし、眠りが中断されるのが「周期性四肢運動障害」です。

筋肉の瞬間的けいれんのことを専門的に「ミオクローヌス」というので、「睡眠時ミオクローヌス症候群」とも呼ばれます。

主な症状は、睡眠中に母趾(足の親指)が伸展したり、足や膝関節、股関節が屈曲したり、 また極めてまれですが、症状が上肢に及ぶこともあります。

これらには、筋肉の瞬間的けいれんだけではなく、自分の意志とは関係なくピクピク動く不随意運動も含まれます。

このような症状が睡眠中に連続して現れますが、眠りぎわの浅いノンレム睡眠時に起こりやすいのが特徴です。

そのために入眠困難、中途覚醒、熟眠感の欠如などの睡眠障害が起こり、むずむず脚症候群と合併している場合が多くみられます。

加齢とともに発病率が増加し、60歳以上では34%に達することから、高齢者が不眠になる原因の1つといえます。

朝起きると、前日特に足を使ったわけではないのに足がだるく感じるなど、自覚症状がない場合もありますが、睡眠中に布団を蹴っているようであれば発病の疑いがあり、要注意です。

原因はまだ十分解明されていませんが、鉄欠乏性貧血や腎機能障害の人、腎透析を行っている人、むずむず脚症候群患者に多くみられ、また、抗うつ薬、抗てんかん薬、睡眠薬、抗不安薬などを飲んでいる人にも多く、これらの薬を中断した時にも起こるようです。

■スポンサードリンク