ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

睡眠時無呼吸症候群

呼吸が止まる

「睡眠時無呼吸症候群」は、病名の通り、睡眠中に何度も呼吸が止まってしまう病気で、原因は、肥満や鼻炎などによって睡眠中に気道が塞がってしまうことです。

一晩(7時間睡眠)に10秒以上の無呼吸が30回以上、または1時間あたりに無呼吸数や低呼吸数が5回以上起こります。

有病率は人口の4%ですが、潜在的には200万人いるといわれ、男性の方が発病しやすいです。

睡眠中は筋肉から力が抜けるので誰でも気道が狭くなりますが、酸素の消費量も減っているので通常ならば問題ありません。

それが、睡眠時無呼吸症候群の場合、気道が塞がってしまうために無呼吸状態になってしまうのです。

いびきをかいていて、それが急に止んだかと思うと、またいびきが始まるという状態が何回も繰り返されるのであれば、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。

睡眠時無呼吸症候群の患者はよく眠っているように見えますが、実際には数十回~数百回も目を覚ましているので、十分なノンレム睡眠をとることができず、交感神経の働きが休まることがないのでホルモンバランスが崩れてしまいます。

それにより、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病にかかる危険性があり、また、無呼吸や低呼吸のため、睡眠中に体内の酸素が不足することで循環器系に負荷がかかり、不整脈や心不全、脳梗塞を引き起こす恐れがあります。

自覚症状としては、頭痛、日中の強い眠気、集中力の欠如や倦怠感などが表れるので、いびきをよくかくことを自覚していて、これらの症状が出ている方は、「睡眠時無呼吸症候群」を疑ったほうがいいかもしれません。

■スポンサードリンク