ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

ナルコレプシー

ナルコレプシーの症状

「ナルコレプシー」の主な症状としては、日中強い眠気に襲われて、時と場所に関係なく突然眠り込んでしまうので、「居眠り病」とも呼ばれています。

通常では考えられないような状況で突然寝てしまうので、車の運転中などの時は大変危険ですが、その居眠りは10~20分程度で、目覚めたあとは気分がすっきりしています。

ナルコレプシーは1000人から2000人に1人みられる病気で、10歳代で発症することが多く、性差はみられません。

発病の原因はまだはっきりとわかっていませんが、ナルコレプシーになりやすいという遺伝的体質と、ストレスなどの環境因子が重なって起こると考えられていて、実際には、薬の服用や生活習慣の改善など、根気よく治療を受ければかなりよくなります。

また、ナルコレプシーの症状には、居眠りしてしまうこと以外にも次のようなものがあります。

情動脱力発作

笑ったり怒ったりした時に体中の力が抜けたり、倒れこんだりしてしまいます。

睡眠麻痺・入眠時幻覚

ナルコレプシー患者の睡眠は脳の眠りが浅く、体の筋肉の緊張が低下しているレム睡眠なので、眠りについた途端に金縛りにあったり、現実との区別がつかないような鮮明でリアルな夢を見たりし、夜間の睡眠が妨げられやすくなっています。

自動症

たとえば、眠気のある時に、知らないうちに別方向に歩いていたり何かを食べていたりするのですが、意識が覚醒すると眠気のある時に起こした行動を覚えていません。

■スポンサードリンク