ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

ナルコレプシー患者の会

なるこ会

最近は「ナルコレプシー」という病名を知らなくても、「時と場合に関係なく、日中突然眠ってしまう病気がある」ことが、次第に知られるようになってきました。

とはいえ、ナルコレプシーの症状は、そういった強い眠気だけではないので、やはり同じ経験をした人でないと、ナルコレプシー特有の症状やそれに伴う悩みはなかなか分かってもらえないものです。

職場や学校で周りから理解されずにつらい思いをしたり、どうやって治療すればいいのかわからず、1人で悩んでいる人もたくさんいるのが現状です。

そこで、ナルコレプシー患者たちが集まり、患者同士の親睦と社会生活の向上支援、社会的啓蒙活動の促進、早期発見・早期治療の促進、治療・研究への協力を掲げて、特定非営利活動法人(NPO)「日本ナルコレプシー協会」(略称「NPOなるこ会」)が発足しました。

なるこ会の目的は、実際に治療を受けているナルコレプシーの患者が氷山の一角であることを踏まえて、ナルコレプシー及び関連過眠症患者とその家族等に対して、より治療が受けやすく、患者が安心して生活出来る社会作りをすすめ、医療の発展に寄与することです。

なるこ会は、「あなたの居眠りは病気かもしれない。私たちの体験を参考にして、精神科の専門医に早く相談してください。」と訴えていますので、興味のある方は、下記ホームページをご覧ください。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~narukohp/

■スポンサードリンク