ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

ナルコレプシーのチェック

ナルコレプシーをチェック

過眠症の診断の中に、日常の眠気を評価する「エップワース眠気尺度」というテストがあります。

これは簡単なテストですし主観的ではありますが、世界中の医療機関などで広く使われているもので信頼性が高く、病気の兆候をある程度判断することができます。気になる方は一度やってみましょう。

エップワース眠気尺度

それでは、次の状況下で眠ってしまうことがありますか?

「絶対ない:0点」「たまにある:1点」「よくある:2点」「いつもある:3点」として診断してみてください。

1.座って本を読んでいる時
2.テレビを見ている時
3.映画館や会議など、人が大勢いる場所で座っている時
4.他人が運転する車で、1時間くらい休憩なしで乗っている時
5.午後横になって休んでいる時
6.座って人と話をしている時
7.昼食後静かに座っている時
8.自分が運転し、踏み切りや信号で数分間待っている時

各点数を合計した結果が11点以上の場合は、何らかの原因で強い眠気が起こっている可能性があります。

エップワース眠気尺度はあくまでも自己申告によって主観的に眠気を評価するテストですから、例え低い点数だったとしても目を閉じたとたんに眠ってしまう人もいます。

不安な方は、早めに専門医に診てもらいましょう。

■スポンサードリンク