ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

ナルコレプシーの症状

情動脱力発作

ナルコレプシーの症状は、喜怒哀楽の感情が強く動いた時に急に力が抜けてしまう「情動脱力発作」を伴います。

日中の過剰な眠気

ナルコレプシーで最初に現れる症状は、突然の居眠りです。

その他の症状

ナルコレプシー患者は、夜間熟眠障害、自動症なども併発します。

入眠時幻覚・睡眠麻痺

「入眠時幻覚」と「睡眠麻痺(金縛り)」は連続して起こることもあり、この場合には、入眠時幻覚による強い恐怖感から逃げようとして、体が動かない=金縛り状態になります。