ナルコレプシーは睡眠障害の1つ。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて

睡眠障害(過眠症)

ナルコレプシー

「ナルコレプシー」の主な症状としては、日中強い眠気に襲われて、時と場所に関係なく突然眠り込んでしまうので、「居眠り病」とも呼ばれています。

反復性過眠症

反復性過眠症は強い眠気が起きる時期(傾眠期)が3日~3週間続き、この時期には1日18時間くらい眠ってしまう症状です。

特発性過眠症

突発性過眠症は、夜十分寝ているのに日中に過剰な眠気に襲われて1時間以上眠ってしまい、その症状が長い期間続くというものです。